がん検診は市町村が主体となって行っているものと、自分で医療機関に言って検査を受けるものがあります。どちらのがん検診にも発見できるがんの種類がいくつかあります。その中に肺がん検診があります。肺がんとは肺にがんができる病気ですが、肺は呼吸を通じて酸素を取り入れ、二酸化炭素を出す働きをしています。

左右にひとつずつあり、心臓が少し左側になるので左側の肺は右の肺よりも少し小さめです。肺がんは肺の入り口の太い期間に発生する肺門型肺がんと、肺の奥のほうにある細い気管支や肺胞に発生する肺野型肺がんの2種類に分けられ、肺がんは日本人のがんによる死亡率のトップと言われています。肺細胞の遺伝子の傷が付くことで発生するとされ、喫煙や受動喫煙が大きな原因にあげられます。肺がん検診の対象者は男女ともに40歳以上の人とされ、検査方法は胸部X線検査、痰の検査があります。

胸部X線検査は、レントゲン検査で息を大きく吸い込むことで肺を膨らませて、肺の状態をはっきりと写し出します。検査前の食事や内服薬などの制限はありません。痰の検査はハイリスク群に属する人が対症です。ハイリスク群とは喫煙指数が100以上の場合とされ、1日に吸うタバコの本数と喫煙年数で計算されます。

肺がんを発症している場合にはがん細胞が痰の中に剥がれ落ちることがあるため、痰を調べることでがん細胞を検出するもので、3日間できるだけ早朝に採取した痰を検査します。これらの検査の結果疑わしいものがあれば、精密検査を受けることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です