がんは進行する前に治療すれば完治する病気です。まだ腫瘍が小さい状態や、がんになる前の前がん状態のうちに発見するためにはがん検診を定期的に受けるのが必須となります。乳癌の場合は罹患率が上昇する40代から検診を受けるようにしていきましょう。40代のうちは1年おきに乳がん検診を受けるだけで充分です。

50代に近くなると最も罹患率が上がるので毎年一回は検診に行くようにしましょう。20代や30代での検診はそれ以降の年代の女性と比べるとまだする必要があまりないのですが、近親者に乳がん患者がいる場合は医師に相談してがん検診を受けるようにするといいでしょう。乳がんは、がん医学の中でも研究が進んでいるので完治しやすいですから検診は非常に大きな効果があります。具体的に乳がん検診ではどのような検査をするのでしょうか。

よく知られているのがマンモグラフィーと超音波検査です。複数の検査方法を組み合わせることで発見するのが困難な微小な乳がんも漏らさず見つけることができます。乳房は若いうちは乳腺がたくさありますが、年齢とともに減っていき脂肪になっていきます。マンモグラフィーは乳腺がまだ多い若年層の検診には最適ではないので、がん検診をどうしても受けたい場合はエコーと視触診の組み合わせで調べてもらうことになります。

問診では医師の質問にはできるだけはっきりと答えるようにしましょう。検査で発見される腫瘍の多くは良性なので過剰に不安にならずに検査を受けるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です