暴飲暴食をしていると、吐き気や胸やけが起こることがありますが、市販の薬を飲んでも治まらない場合は、両国の消化器内科で診てもらうようにしましょう。大したことはないと思って甘く考えていたら、実は胃がんだったということもあるので、早めに両国の消化器内科で検査を受けて、はっきりさせるようにしてください。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人は、ピロリ菌に感染している場合が多く、感染すると胃がんにもなりやすいことがわかっています。除菌治療を受ければ治せるので、胃の不調を感じる人は、両国の消化器内科で検査を受けるようにしてください。

胃がんは珍しい病気ではなく、国内の患者数は13万人にもなります。進行すると手遅れになることもありますが、早期発見すれば完治するので、恐れることはありません。とはいえ早期の胃がんは自覚症状がないため、定期的に検査を受けないと、気付くのが遅れる場合もあります。吐き気や胸やけ、腹痛、食欲不振、体重減少などの症状があらわれたときは、かなり進行しているので注意するようにしましょう。

原因ははっきりとはわからないものの、ピロリ菌と関連があるといわれています。ピロリ菌に感染していて、普段から塩分の多い食事をしているとリスクが高まるので、辛いものは食べ過ぎないようにしてください。ピロリ菌に感染している人は、感染していない人よりも、胃がんになるリスクが10倍高くなるので、気になる方は、両国の消化器内科で調べるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です